不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
TOPフリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後に不動産屋が来るまで、少しでも綺麗に掃除したい。

しかし、掃除機は引っ越し先の方に行ってしまっている。

手元にあるのはいらないタオルが2つと台所のスポンジだけだ。

あとは全部リサイクルショップが持っていった。

畳を濡れたタオルで拭いた。

13年間使った畳は全体にくすんだ黄色になっている。

一部家具が置いてあった所は青々として、コントラストが付いている。

これでは畳を取り換えるだろう。

全部が同じ色なら新築ではないし、多少の黄ばみは許されるところだろう。

しかし壁の白さには自信がある。

タバコを吸う人がいない部屋の壁や天井はきれいだ。

たまに来客が有った時に、たばこを吸う人が有ったくらいだが、このうちは来客を寄せ付けないオーラが有った。

荷物が無い広々した日当たりのよい部屋に、白い壁が映えきれいで、もう一回借りようかと思ってしまうほどだ。

これなら敷金がいくらか戻ってくるかもしれない。

今までに東京や埼玉・群馬にも住んだことが有ったが、アパートを出る時に敷金がいくらかでも戻ったことが無い。

もともと敷金は戻ってくると昔から聞いているが、一度も返って来たことが無いのだ。

引っ越しのたびに、そう思っていても、いつも大家が何かと理由をつけて返さない。

始めからもらったものと思っているのか、返したら損すると思っているのかとぼける。

領収書を切らない、税金対象にならない不透明な金だ。

しかし今回は違った。

不動産屋が来たのだが、来た人は大家さんの婿さんで、大家さん兼不動産会社社員でしかも社内でナンバー2の人だ。

このマンションの契約更新の時でも、その人の裁量で、更新料無しで、火災保険料のみの支払いで済んでいた。

まず火災保険料の戻りが有るので、捺印後この書類を送付してくださいと言われた。

これも今まで掛け捨てで、返ってくることも知らなかったし、誰も教えてくれなかった。

畳と襖を取り換えるだけで、その分を引いて戻る金額が有るとのことだった。

契約書が手元に無かったので、後で会社の方に持っていくことにして、会社の車でオイラの新しいマンションまで送ってもらった。

部屋に入り、契約書を段ボールの中から探し出し、印鑑と銀行の口座番号が解る物を持ってきてくださいと言われていたので持っていった。

銀行口座に敷金の残額を入金するということだったが、「長いことお世話になったことだし、私が今ここでお支払いします。」と現金57550円を用意していた。

初めて敷金を返してもらった。

期待はしていても、あてにしていなかっただけに嬉しかった。

ヤッター洗濯機代が出来た。

その足でヤマダ電機へ洗濯機を見に行った。

ラッキーなことに、二日前に見た同じ洗濯機が八千円ぐらい安くなっていた。

一応下見をしてもらってから買うことにして、候補を二つ選んで、下見に来てもらった。

安くなった方で何とか洗濯機が硝子戸を通りぬけそうなのでそれを買うことにして、古いがまだ使える洗濯機をリサイクル代を支払って処分することになった。

引っ越しすることで思わぬ出費が有るものだが、今回は思わぬ収入とたまたま安売りの製品を手に入れることが出来、引っ越しは無事に終わった。

個人的な出来事を長々と9回にもわたって読んでくださって、ありがとうございました。

もう早いものでここに住んでから2カ月近くになります。

下見に来た時には分からず、住んでからでないと分からないことなども有るのですが、台所の電気の調理器具がIHだったことで、持ってきたなべやフライパンなどが使えず買い替えたり、玄関のシューズボックスに靴が入らなくて不動産会社に言って直してもらた事などが有りました。

駅から2・3分という近さで、それまでの家賃より毎月21000円安く済むことや、スーパーや映画館が近く、バス代や遅く帰った時のタクシー代がいらず、8時になってからスーパーに行き半額で食料品が買え、ADSLも速度が出て、インターネットもストレスが無いなど、引っ越しは成功だったと思います。

(^0_0^)ムフフ


応援ありがとうございます。m(__)m↑
置手紙とランキングは無関係であり、ランキング応援を強要するものでは有りません。










スポンサーサイト







ミニノートパソコン
パソコン持ち歩くなら小さくて、安いモノが良い。


引っ越しするなら絶対に見積もりするべき。敷金の返却までサポート

荷物が片付いていない物置小屋で朝になった。

今日は、昨日まで住んでいたマンションで、処分する荷物とごみとして捨てる物を引き取りに、リサイクルショップが来ることになっている。

11時の約束だが、明け渡す部屋の掃除も有るので、9時には着いた。

バスに乗って自分の住んでいたマンションを訪ねるってなんか変だ。

こんな時間に家の近くのバス停で降りることは無かった。

昨日、酔っ払って知り合いの部屋で雑魚寝して、朝帰りで家に戻るような感じだ。

長いこと住んでいたマンションには酔っ払って電車を乗り越し、終点駅からタクシーで帰ったことも何度かある。

もし今、ベロベロに酔っ払っていたら、帰巣本能が働いて、駅前からタクシーに乗ってここに帰ってきてしまいそうだ。

1階の101号室なので、窓を全部開け放して掃除をしていたら、近所の奥さんが話しかけてきた。

普段は話をすることも無かったが、家の中をのぞきたがってる様子なので、『もし使える物が有ったら持ってってください。リサイクルショップが来て全部処分しちゃいますから・・・・・・』と言った。

他の部屋とは間取りは皆同じようなものだが、家賃が微妙に違う。

オイラの所が一番高く、5000円ぐらい余計に払っていたことがはっきりした。

1年で6万円も無駄に払っていた。

入居の時のタイミングで仕方がないが、オイラの前と後に入居した人たちよりざっと78万円も余計払ったことになり、13年間に支払った家賃は軽く1千万円を超えている。

マイホームを買う金が無いから、賃貸なのだが、ずっと一生払い続けると、マイホームが買える。

いやマイホームの方が安いかもしれない。

不動産を持っているということで信用もある。

しかし買うとなると長ーいローンを支払わなければならないプレッシャーがのしかかる。

などと考えていたら車が入ってきた。

リサイクルショップの車だ。

女店長の運転で、一緒に中年の男が一人ついてきた。

やり手の女店長に比べ、どことなく頼りない感じの男だ。

どう見ても社員ではなく、アルバイト面をしている。

恐らくどこかの会社をリストラされたのだろう、ボーっとしている。

まあ良い、荷物を運ぶだけなのだから頭はいらぬ、力だけあれば良い。

店長が車をバックしているのを誘導しているのだが、声が聞こえない。

右手をだらしなく上げ、手首から先を時計回りに回しているだけだ。

運びやすいように、2トン車を硝子戸近くに寄せたいのだが、店長がなかなかうまく出来ないのは、この男が邪魔な所にいるからなのだ。

「おはようございます。ここにあるもの全部お願いします。」

運び出した後から掃除を始めた。

この男、思っていたとおり力も無い。

店長の力は、以前マッサージの椅子を買った時に、30キロ近くある椅子を一人で抱きかかえて持ってきたので知っている。

そのマッサージ椅子も持ってって貰うことにした。

店長はその椅子を売ってまた儲けるだろう。

「上!ぶつかるぞ!」

思わず声を出してしまった。

『やっぱり。』

荷物を全部トラックに積み込み、いらなくなったパソコンのモニターなどのリサイクル料を含めて15000円支払った。

荷物が無くなって空っぽになった部屋は広々している。

さっそく不動産会社に電話して、部屋を明け渡すことを告げ、午後に部屋を見に来ることになった。


応援ありがとうございます。m(__)m↑
置手紙とランキングは無関係であり、ランキング応援を強要するものでは有りません。














ミニノートパソコン
パソコン持ち歩くなら小さくて、安いモノが良い。


引っ越しするなら絶対に見積もりするべき。敷金の返却までサポート

『今日は徹夜してでもやらなくては・・・・・・・・。』

何かを見だすと、ついついその物にまつわる思い出がこみ上げて来て手が止まってしまう。

もうどうでも良い、とにかく荷造りしなくてはいけない。

段ボール一つ増えたって良い、新しい所に着いたら時間を見て処分しよう。

結局古い写真はそのまま持って行くことにした。

段ボールにふたをしてガムテープを張り、黒のマジックインクで中に入っている物を書いた。

これで良し。

捨てるものをこっちの部屋に、持っていくモノはそっちの部屋に移動し終わって、4時頃になった。

引っ越しの業者が来るのは8時になっている。

それまで少し仮眠を取って、車が来るのを待った。

8時になって引っ越しの業者が3人で来た。

少し遅れて、引っ越し業者から依頼されたエアコンを取り外す業者が来て、荷物の積み込みも手際よく済んだ。

引っ越しのトラックには一緒に乗れないので、タクシー会社に電話したら、台風の影響で電車が止まっているので、1時間ぐらいかかるという。

荷物を積んだトラックは先に行ってしまった。

外に出てタクシーが通るの待つことにしたが、運よくタクシーが通りかかって引っ越し先まで着くことが出来た。

幸いなことに、オイラがタクシーを降りるときが一番雨が強かったぐらいで、心配していた台風はあまり影響は無く、荷物もほとんど濡れず、3人の若い作業員はてきぱきと作業を進め、何事も無く引っ越しを終わらせることが出来るかと思った。

一つだけ問題が起きた。

洗濯機がベランダに置けないのだ。

まったく考えていないことだった。

階段が狭く高さもあまり無く、歩きにくい階段だとは思っていた。

重くて背の高い冷蔵庫だけはちょっと気掛かりだった。

しかし全く心配していなかった洗濯機がベランダに出るガラス戸を通らないのだ。

アルミサッシの引き戸が片側が固定されていて、開くのは片側だけだったことは知っていた。

ベランダには洗濯機を置くように電源と水道が用意されて、前に住んでいた人もそこに洗濯機を置いて使っていた形跡が有った。

仕方が無く不動産会社に電話して、新しく洗濯機を買うまで通路に置く許可を貰った。

引っ越しの業者は片付けを終えて行ってしまった。

段ボールを積み上げたまま、ヤマダ電機へ洗濯機を見に行った。

とりあえず洗濯機は見るだけにして、よく調べずに買って、アルミサッシの引き戸を通れなかったらいけないので、その日は買うのをやめ予算をたてた。

引っ越しは思わぬことに金がかかるものだ。

エアコンに続いて、また使える洗濯機をお金を出して捨てることになった。


応援ありがとうございます。m(__)m↑
置手紙とランキングは無関係であり、ランキング応援を強要するものでは有りません。















ミニノートパソコン
パソコン持ち歩くなら小さくて、安いモノが良い。


引っ越しするなら絶対に見積もりするべき。敷金の返却までサポート

引っ越しで思ったこと1←ここから続いています。

写真の中にはオイラが数十年前に見たことが有る関東大震災の写真が数枚出てきた。

とてもショッキングな写真で、ちょうどお昼時に起こった地震のため、食事の支度をするのに火を起こしていた。

その為に火災で亡くなった人がたくさんいたのだ。

その火災で焼け焦げた死体がゴロゴロしている写真だ。

火災で着物に火が付いて暑さのあまり川に飛び込んで亡くなったのであろうと思われる死体もたくさんある。

これも歴史的資料として捨てることが出来ない。

各地で一斉に起きた火災に、その日は強い風が吹いていたことも有り、燃え広がった炎で、消火作業も手に負えない状態だったらしい。

当時はほとんどが木造家屋で、人口の密集している東京では鎮火するまで2日ぐらいかかったそうだ。

ラジオは一部の人しか持っていない上に、テレビはもちろん携帯電話も無いため、正しい情報が入らない。

入ってくるのは人から人に伝わってくる噂ばかりで、どこへ逃げて良いものやら右往左往したことだろう。

誰が言ったのか在日の朝鮮人が井戸に毒を投げ入れ、家に火をつけているというデマが流れた。

それを信じる人も多く、自警団を作り、パニックになった人々は自分たちの生活を防衛しようといわゆる魔女狩り?を始めた。

けがをしたり死亡した朝鮮人中国人や間違われて死亡した日本人が出たり、その暴行に加わったとして日本人の逮捕者もたくさん出たと聞いたことが有った。

戦争中の昭和15年から19年に発行された債権が出てきた。

戦時報国債券と書かれていて、一番大きな金額が400円、その他5円・10円・20円締めて、465円。

戦時貯蓄債権というのが、額面7円50銭が10枚締めて75円。

これってどうなんだろう?

換金できるのだろうか?

その当時の400円と言ったらどの程度の価値が有ったのだろう?

きっと大金に違いない。

銭とか厘といった単位のお金が有ったのだから。

オイラが知っている範囲では日雇い労働者を「にこよん」と言っていたことが有って、その当時緊急失業対策で土方仕事の日当240円を職安から支払われたのでそう呼ばれた。

それよりもっと前の話だ。

でも額面道理だったらいくらでも無いかも・・・・・・・・。

いけねーいよいよ明日引っ越しだー。

時間が無い。

左手首と右の肩の辺りが痒くなってきた。

外は風の音がヒューヒュー鳴っている。



にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ
にほんブログ村





いつも訪問ありがとうございます。(^O^)/ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。m(__)m










ミニノートパソコン
パソコン持ち歩くなら小さくて、安いモノが良い。


引っ越しするなら絶対に見積もりするべき。敷金の返却までサポート


オイラの家には仏壇が有るのだ。

前にも書いた両親が住んでいたマンションの部屋を明け渡す時に、仏壇をどうそうするか悩んだ。

大きなお屋敷で、仏間が有るような家に住む人が持つような背の高い仏壇だった。

180cmのオイラよりは少し低いのだが、仏壇の天板部分が見えないくらいの高さで、幅も1m以上あった。

そしてもう一つ少し小さめな仏壇も有った。

一つの家に仏壇が二つある家なんか無いだろう。

親父の浪費癖にはみんなあきれていたので、したい放題になっていた。

しかしよく考えるとも一つの小さめな仏壇は、家が違うのだった。

母親の実家であり母親の両親と若くして亡くなった母の兄、つまりオイラにとって祖父祖母と叔父さんに当たる人の遺灰が有った。

兄弟と話して、オイラが仏壇の管理をすることになったが、そんな大きなもの置けない。

そこで小さな仏壇を一つ買うことにして、その仏壇二つをその業者に頼んで処分してもらった。

捨てたらバチが当たりそうなモノは燃やすと良い。

業者がどうしたかは知らない。

ただモノとして扱ったか、見ていないので知らない、あまり考えないようにしたい。

オイラは古い仏壇は処分したが、新しい仏壇を作って、位牌に線香をあげている。

母親の旧姓の方の遺灰は仏壇に入らなくなっちゃた。

そして金の仏像が二つあって、小さい方は仏壇の中に納まったが、大きい方は入らない。

両方とも作った当時でも数十万したらしい。

仏像の額の所に宝石が付いていて、鑑定書が付いていたのを見たことが有った。

後は先祖をまつるのではないからまったく親父の趣味になってしまうが、厨子に入った金の観音様と不動明王もあった。

何でも買い取ってくれるオジさんも宗教的なモノは売れないと言って持ってくれない。

純金で出来ているとしたら、金は値上がりしているのでいくらになるのだろう?

しかし、結局これらを今、オイラが新居に持ってきている。

部屋をオイラの趣味ではない物で飾らなくてはならない。

こういう宗教的なもの、偶像崇拝と言うか文化でも有るのだが、心や魂が宿っていると思われる考え方が、モノを処分できない原因なのだ。

後は両親の葬式の時に作った額に入った遺影。

これが、母親の嫁入り道具のひとつであったろう桐の和ダンスの中に入っていた。

下の引き出しからは祖父祖母の遺影が出てきた。

これも処分できずにしまってあったのを忘れていた。

しかしこれは桐タンスごとリサイクル業者に出すことにした。

親兄弟祖父母の写真や見たことも無い人の写真などたくさん出てきた。

これも前回マンションの明け渡す時に処分できなかったものだった。



にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ
にほんブログ村





いつも訪問ありがとうございます。(^O^)/ランキングに参加しております。応援よろしくお願いします。m(__)m



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。