不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
TOPフリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついこの間までの心配事は北朝鮮の人工衛星と称するミサイル問題でした。

これが何処に落ちるか、日本本土に落ちてきたら大変だと、日本海側に待機したイ-ジス艦からミサイル迎撃、もし失敗したら地上から攻撃と2段階で撃ち落とす準備をしていた。

そして、その脅威が過ぎ去って、今度の関心事は新型インフルエンザである。

もうそのことは忘れかけているが、北朝鮮では着々と核開発をしている。

いつまた打ち上げるか分からない。

それよりもっと忘れてしまっているのは、HIV=エイズである。

最近では新聞でもテレビでも全然耳にする事が無くなってしまった。

以前はストップザエイズとかで政府広報が流されていた。

耳にしないからと言って、エイズが無くなってしまったわけではなく、静かに蔓延しているのである。

当時は心配して少し控えた遊びも、それを忘れて不特定多数の人と性交渉をし、コンドームも使わずにしている者もいる。

民放がやらなければ、NHKがやったってよいと思うのだが、放送しない。

そうすると皆忘れてしまう。

これではいけない。

テレビで放送するのにお金がかかり過ぎるのであれば、街角や駅や電柱など広告を貼り付けて知らせるべきではないでしょうか?

一時のキャンペーではなく、バス停前の壁にまだ残っている「日本の夏。キンチョウ蚊取り線香」のような、錆ついても残る看板のように、ずーっと知らせ続けるべきだと思う。

そして、もし新型インフルエンザが日本に入ってきて、それが毒性が弱いものだったとしても、HIVに感染している人にとっては命取りである。

HIVそのもので死ぬことはなくても、免疫機能が働かないために、なんでもないウイルスやカビのようなものに体が侵されてしまうのだ。

我々の身体は常に、鼻や口や傷口などから様々なバイキンが侵入し、我々が意識していなくても、絶えず身体に備わった免疫機能が働いて、それらを防御してくれている。

その自然に備わった機能に感謝しつつ、KY(空気が読めないではなく危険予知のKYである)の意識を常に持とう。

生活防衛ショップでこんなモノ見つけた。

誰にも知られずにスピーディーに結果を知ることが出来る。性病検査キットHIV

その他も見る





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


←お世話になります。よろしく。m(__)m


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。