不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
TOPフリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう古い話だが、去年の11月に一人暮らしの女性が自宅のトイレに閉じ込められ8日後に救出されたというニュースがあった。
忘れてしまった人のためにもう一度状況を書くと、高齢の母親と二人暮らしだったが、母親が入院したために一人暮らしになった。
11月4日にトイレに入ったら、トイレのドアと反対側の廊下の壁に立てかけてあった段ボール入りの「こたつセット」が倒れ、廊下とトイレの隙間をピタッとふさぎ、トイレのドアが開かない様になった。
室内には人がいるわけもなく、マンションの8階なので叫んでも聞こえない。
食べ物も無く口にするのはトイレの水だけ、このまま餓死すのではと不安になる。
毎日母親を見舞っていたのに来なくなったため、病院から何回も電話があったが、応答がないことから警察に通報し、警察官によって救出された。

なぜ今頃そんな話を?
つい最近オイラが一人で家にいて、シャワーを浴びた時に石鹸がないことに気が付き、お湯を被ってすぐだったのでシャーを止めて身体が濡れたまま風呂場を出た。
すぐそばに買い置きの石鹸があるのでそれを取りに出たのだが、濡れた足で滑って勢い良く倒れた。
腰から背中をつき頭も軽く床に打ちつけた。
起き上がって新しい石鹸を入れてシャワーを浴びたが、あの時もう少し手前に倒れていたらと思うとぞっとする。
勢い良く滑って浴室から離れたところで倒れたから問題はなかったが、浴室の入り口は約10センチほど高くなっていて、もっと手前で倒れその段差に頭を打ちつければ血を流して倒れていたかもしれない。
そのまま気を失っていれば出血多量で死んでしまうこともあり得る。

一番安心できる場所であるはずの自宅でも、何か条件が重なれば重大な事故につながる危険が潜んでいるということだ。
トイレのドアの前になぜこたつを立てかけたのか?
買って来たけれどまだ使うには早いし、いずれ近いうちに使うからと思ったのだろうか?
なんでこたつの入った段ボールが廊下と同じ幅なの?
おそらくそのこたつはその日だけ置いたんじゃないと思う。
何日もそのまま生活していたのだろう、もしかしたら倒れてトイレのドアを押さえつけるなどと思わなかったんだろう。
オイラも石鹸が小さいだけでその日は我慢してそれを使えば良かった。
また体が濡れるにしても、ちゃんとタオルで拭いてから風呂場を出れば良かった。

一人暮らしではなくても、たまたま家族が出かけて留守の時に何か起きるかもしれない。
高齢者の独り暮らしだけでなく若い人でも同じだ。
家の中を良く見渡して見ると案外危険は潜んでいるものだ。
KY=「空気が読めない」などと言っているが、工場ではKY活動(危険予知活動)などをやっている会社もたくさんあると思う。
何かが起きるかもしれないという目で家の中を見渡してみる必要があると思う。
小さい子供がいる家では階段から落ちないように柵をしたり、ドアに指を挟まない様に工夫したり、物を飲み込まない様にとか・・・・・いろいろ考えるかもしれない。
逆に一人暮らしではなく子供やペットがそばにいて、悪気はなくドアを閉められ、クローゼットに閉じ込められてしまうなんてこともある。
プッシュボタン式のロックをしたままドアを閉めて子供が自分で開けられないとか、母親の姿が見えなくなった子供がパニックになってどうなるか心配だ。
台所・風呂場・居間・寝室など場所ごとにチェックしてはどうだろうか?
たとえば、台所の流し台の下の扉を開ければ、包丁を収納するようなものが付いていると思う。
これも随分前に大事には至らなかったが、取り出す時にすべって包丁が床に刺さったことがあった。
足の上に落とせば怪我をしたろうと思うし、小さい子供だったら・・・・・・考えると恐ろしい。
「そんなことないよ」ではなく「あるかもしれない」と考えるべきである。

トイレの前のコタツだってずっと立っていたのだろうが、ある日突然倒れ、危険予知が出来なかったことが悲劇につながった。
平常時・地震や火災の時・大雨や大風のときはどうか?
出窓に置いておいた植木鉢が落下するとか、ベランダ置いてあったものが風で飛ばされるとか、自分や家族に被害はなくてもたまたま通りかかった見知らぬ人に直撃し怪我をするとか、高層階に住む人ほど人に怪我をさせぬよう心がけよう。
トイレに閉じ込められた人の場合は、高齢の母親が「毎日来ていたのが来なくなったのはおかしい。何かあったのではないか」と言い出して、病院の職員が始めは電話をかける程度だったが、その後警察に通報したことが救出につながったが、もし母親も認知症などで何も思わず、病院の職員も無関心だったら救出されずそのままトイレで亡くなっていたかもしれない。
一人暮らしならトイレのドアを開けっぱなしでも良いし、非常時に通報する設備を考えるとか、普段からの人づきあいも大事だ。
まずは室内外の危険予知を普段から考えるべきである。







にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ
にほんブログ村




応援ありがとうございます。m(__)m↑















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。