不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
TOPフリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気象庁観測以来のマグニチュード9.0の大地震に大津波、おまけに日本経済を脅かす1995年の「79円75銭」を超える「76円25銭」という最高値を更新する円高。
この想定外の災害で苦しんでいる日本に容赦なく襲った円高。
これを仕掛けて大儲けしたやつがいるに違いない。
腹立たしいくらいである。
これによって資産を大幅に減らしてしまった個人投資家は多い。
ニュージーランドの地震の後ニュージーランドドルは売られたが、日本円はなぜ?買われる?
多くの個人投資家は円が売られると思ったらしい。
震災の後の復興のために多くの資金が必要になり、日本の企業などが持っている外貨を円に戻すだろし、円高になるだろうという思惑で、しかも、ニューヨークのマーケットが終わった6時過ぎの薄商いの所を狙っての取引だ。
取引量が少ないためにチョットして動きが大きく動く事になる。
明らかに海外勢の仕業だ。
円を売って外貨を買っていた多くの個人投資家の資産が、急激な円高により取扱業者のルールに従い「強制ロスカット」された。
そのことが円高をさらに進ませたようだ。
これを防ぐには資金管理をきちっとして、資金に余裕を持ったレバレッジを少なめにし、予め自分で決めた損切りを必ず入れておくことや、資金に余裕が無ければ両建てするのも良い。
両建てすることで、買いポジションはどんどんマイナスになるが、その反対に売りポジションはどんどん利益が出るので、相殺され資産を失うことが無い。
下げ止まったら利益が出ている方を利益確定し、反対ポジションは時間をかけて戻して行けば良いし、安値で買いポジションを持つチャンスでもある。

毎日のように地震や津波の被害状況のニュースを見るが、9日ぶりに救出された80歳のおばあちゃんと16歳の孫のニュースは本当に良かったと思う。
台所で食事中に地震に遭い、家は壊れ流されたが、2階に有った食堂に冷蔵庫内の僅かな食料と毛布があったこと、家の壊れ方流され方(流されたにも関わらず乾いた毛布があった)などいくつかの条件が重なってうまく生き延びることが出来た。
地震があったらまず身の安全を図るべきである。
怪我しなければ逃げることが出来る。
割れて怪我をするようなものが近くにないとか、大きな重たい家具などが倒れないようにするとか、倒れなければある程度の空間を作ることが出来る。
保存がきく食料や水のほかに、救助隊が来た時など閉じ込められた空間から助けを呼ぶためにホイッスル(笛)の様なものがあってもいい。
飲料水などが入っていた空のペットボトルも潰して捨てないで、ある程度とっておくとよい。
保存用に水を用意したり、大水が出た場合、空になったペットボトルを数本バッグの中に入れて背中に背負えば浮きとして使え、水面から顔を出しておくことで溺れることが無い。

3月も終わりだというのにまだ寒く、食糧など衣食住すべて不自由している被災地の方がたにはこれからストレスや病気も心配だ。

一番問題なのは福島の原発だ。
冷却のために海水をかけてしまったり、もう発電所としての機能は使い物にならないのだろうけど。
それが使えないことによる電力不足で当分停電を心配しなければなず、商売にもかなり影響が出る。
相変わらず訳の分らぬ煙が出たり油断が出来ない。
最悪の場合チェルノブイリのようにならなければ良いのだが。
そうなれば東北から関東は無人地帯になる。
汚染物質が風に乗り水や土壌を汚染し、それによりニュースに有るように一部の野菜や水道水にも含まれているとのことで野菜は出荷停止になって農家は大打撃を食らっているし、小さな子供のいる家では不安も多いだろう。「乳児に水を飲ませないように」とか聞くと大人はどうなの?洗い物をするし、風呂にも入るしと考えだしたら不安がいっぱい。
放射性物質は自然にどこにでもあり、我々はレントゲン撮影や温泉などうまく利用している。
被曝する量と時間でコントロールすることで乗り切れると思う。
食べるにしても同じものを続けて毎日食べていれば何か影響は出てくるだろうが、食物繊維などは有害物質を吸着して体外に出してくれるだろし、放射能自体も物によって半減期が違うが自然に消えてゆく物である。
今の段階では煙草を吸わないオイラの前で煙草を吸われる方が怖い。
これにより産地を選んで買うようになったり、少し落ち着きだした買い占めが起きたり被災地に水や食料が届かなかったりすることが無いようにしたいものだ。







にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ
にほんブログ村




応援ありがとうございます。m(__)m↑













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。