不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄県で新型インフルエンザに感染した持病のない女性(24)が死亡した。

女性は8月26日に発熱。医療機関でリレンザ投与を受けたが高熱が続いたため31日に入院。

インフルエンザが悪化して急性肺炎とクモ膜下出血を起こし人工呼吸器を装着して集中治療を受けたが、15日に死亡した。

持病のない人の死亡は2例目で、国内の死者の中で最も若い。

女性は母親と弟の3人暮らしで、母親と弟も同時期に発症したが、タミフルを服用し、すでに回復している。

女性はカプセル状の薬が飲めなかったため、粉末状の吸入薬リレンザを処方したというが、「リレンザは吸入力が弱いと十分効果が得られないリスクがある」と説明している。

また、12日までの調べで、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った保育園や幼稚園、小中高校などが46都道府県の計2158施設になり、新学期が始まり、徐々に感染が広がったと思われる。

都道府県別では、東京が372施設で最も多く、次いで埼玉204施設、大阪190施設。

近畿大学付属和歌山中学・高校(生徒数、中学511人、高校1193人)で、中学15クラスの202人、高校30クラスの287人の計489人が新型インフルエンザ感染の疑いがあることが15日、和歌山市保健所が県に行った報告でわかった。

同校は16日から18日までの休校を決め、全生徒に対し、休校中の外出の自粛を求めた。

厚生労働省によると、「同じ学校から1日に約500人もの感染疑いの生徒が報告されるのは初めてでないか」としている。







アンチバクテリア

植物は外敵から身を守るため、ウイルス・細菌・真菌・原虫などを寄せつけない物質を自ら発散させています。

その植物から抽出した精油成分は空中に浮遊している病原菌に吸着して活動を阻害する作用があるので、

1.空中に拡散することで風邪などのウイルスの増殖を防ぐことができます。

2.マスクにスプレーで抗ウイルス効果UP↑

【機能性】 抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用、消臭作用






手から口への侵入経路が主な感染ルートです。

インフルエンザ・新型インフルエンザには3つのルートで感染します。
(1)患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る場合。
(2)患者の咳、くしゃみ、つばなどにより発生した飛沫を吸い込む場合。
(3)ウイルスが付着した物や手を介し、口からウイルスが侵入する場合です。
口等に直接はいる場合を除き、ほとんどが手から口への経路たどります。
手洗いがいかに重要か、その理由がここにあります。

その他のいろいろな用途
ハンド除菌・まな板や包丁・お魚の冷蔵冷凍・お野菜や果物・卵の殻の除菌・テーブル拭き・食器洗い・冷蔵庫内の掃除に・生ゴミの消臭に





ブログランキングに参加しております。
左または右上にある一括応援でお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とにかく感染力が強いので怖いと思っていたのですが・・・毒性強く心配です。まずマスク買ってこなくちゃいけません。
2009/09/17(木) 06:44 | URL | おーちぃぱぱ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zam0503.blog72.fc2.com/tb.php/101-345f2238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。