不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、大阪のパチンコ店の火災で死傷者が出ました。

これは放火によるものですが、普段の生活の中で自分たちが火事の当事者になることだってあります。

オイラも今までに火災に遭いそうになった経験が有ります。

一つは仕事で群馬県に行っている時で、良く飲みに行っていたスナックのママさんが、生命保険の外交を始めた。

「まだやってるの?」「朝遅刻しながらも、頑張ってるわよ。」「へー。でどんなモノが有るの?」

なんて酒を飲みながら半分冷やかしで話を聞いていた。

するとカーテンで仕切った奥の調理場の方がパッと明るくなった。

「あ!そうだ!ポテトフライ作っていたの忘れてた。」

オイラと店にいた客数人でおしぼりを持って調理場の方へ行ったら、炎が換気扇の下まで上がってた。

本人はオロオロしているが、(当事者じゃない)我々は冷静にまずガスを止め、おしぼりを水で湿らせ、上からかぶせて火を消し、換気扇の下の壁を焦がした程度で収まりました。

後日、オイラが火を出した訳じゃないが、責任を感じて生命保険に入りました。

もう一つは、出掛けて、夜の12時近くに帰ってきて、ドアを開けて靴を脱いで上がったら、台所の床がぬれていた。

少し油くさい匂いがしたが、2階で水でもこぼしたのだろうと、雑巾で拭いて、遅いのでそのまま寝た。

次の朝、2階の部屋に行き、「昨日水か何かこぼさなかったですか?」

と聞いたら、旦那が奥さんと顔を見合せながら、「実は昨日、天ぷらを揚げようとして火を出しちゃったんです。」と言った。

夜遅く帰ったので全然知らなかったが、後で聞いた話だと、大騒ぎだっらしい。

2階の旦那が、時々料理を作る人で、鍋に油を入れて何かほかのことをして忘れてしまったらしい。

火が出てから、本人は怖くなって震えているだけで何もできなかった。

近くに住んでいた人が(ボイラーマン)煙を見て部屋の中に飛び込んでいってその旦那を叱りつけて、一緒に火を消したそうだ。

後で改めて謝りに来た2階の旦那をよく見ると、包帯をして痛々しい姿をしていた。

多くの人は炎が目の高さより高くなると恐怖感を覚えるようだ。

台所で使っている油が一定以上の温度になると引火し、水をかけると、高温の油が跳ね返り火傷をする。

鍋からあふれた油が広がり、火元が広がる恐れが有る。






スーパールームガード


「スーパールームガード」は、どなたにでも簡単にすばやく使える、スプレー式ワンプッシュタイプの簡易消火用具です。浸透性が高く、再燃防止効果のある水系エアゾール式。天ぷら鍋の火災、ストーブの火災、くずかごの火災、クッションの火災、カーテンの火災の5点火災に適合。ご家庭内の色々な初期消火に威力を発揮します。


ブログランキングに参加しております。
左または右上にある一括応援でお願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、私も舵の現場、見た事あります!一生懸命消そうとしましたが火の回りと煙が凄くて・・・本当に怖いですね。ぽちり
2009/07/14(火) 10:58 | URL | おーちぃパパ #-[ 編集]
こんにちは♪

↓盗聴器も怖いけど‥火災はほんと怖いです。
通ってた小学校の体育館が放火されて、当時担任だった
先生が焼け跡を見せてくれました‥スゴイ臭いで子供ながらに恐怖心でいっぱいでした。
ぽちぽち2回ね♪
2009/07/14(火) 12:43 | URL | 5人のおかん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zam0503.blog72.fc2.com/tb.php/75-2cd1464d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。