不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国青海省南チベット族自治州興海県で、住民12人が肺ペストに感染し、うち3人が死亡し9人が入院中と発表した。

肺ペストが発生した地区には約1万人が住んでおり、感染拡大しない様に当局が一帯を封鎖している。

死亡したのは牧畜業の男性とその隣人などで、入院中の感染者の多くが男性の親類。

中国では時々、西部の牧畜地帯でペストの発生が報告されているらしく、昨年9月にもチベット自治区で2人がペストで死亡したという。

ペストと言うと世界史で「黒死病」と呼ばれ中世ヨーロッパで大流行したと習ったことが有るような・・・・・

ストーリーはあまり覚えていないが、「ハメルンの笛吹き」で男が笛を吹くと町中のネズミが後をついて海に落ちてみんな死んでしまったとか……

ペストイコールネズミが媒介する、なんて思っていたが、この肺ペストは患者の咳によって飛散して、それを吸い込んで人から人へ感染するらしい。

日本では1926年を最後に患者が発生していない。

旧日本軍の関東軍(731部隊)は、ペスト菌を「細菌兵器」として研究、開発したとか・・・・。

ペストはもともとペスト菌常在地域に生息するネズミやリスなど、齧歯(げっし)類の動物がかかる病気で、その血を吸ったノミの媒介で人間にも感染する人獣共通感染症。

感染経路や症状から腺ペスト、肺ペストなどに区別され、肺ペストは腺ペストの流行が続いた後に起こりやすいらしく、腺ペストを発症している人が肺に菌が回って肺ペストが発病し、その患者の咳によって飛散したペスト菌を吸い込んで人から人へ感染し発病する。


下の写真は5月15日のブログに載せたが、船舶や航空機によって国内に、害獣・害虫が侵入しない様に調査しているところです。

機内衛生害虫の調査

機内食等の調査

厚生労働省検疫所・港湾衛生業務より




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/08/05(水) 17:45 | | #[ 編集]
おはようございます。
ペストって言うと歴史の中に出てきた病気のイメージがありますが今もあるんだ!といった感じです。感染率の高い病気はとにかく怖いですね。
2009/08/07(金) 06:10 | URL | おーちぃパパ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zam0503.blog72.fc2.com/tb.php/87-20c8a7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
押尾学 麻薬で逮捕 死亡した全裸女性 だれ? このひと? 俳優の押尾学が合成麻薬MDMAを使用したとして逮捕された。 また、30代の女...
2009/08/05(水) 15:18:06 | 押尾学 麻薬で逮捕 死亡した全裸女性 だれ? このひと?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。