不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう国内でインフルエンザ感染者が死亡した。

沖縄県の57歳の男性で、慢性腎不全で人工透析を受けており、心筋梗塞(こうそく)の治療歴もあった。

死因は新型インフルエンザから肺炎を起こしたことによる敗血症性ショックだった。

沖縄県では感染者が今増えているらしいのだが、同居家族に症状はなく、感染源や感染ルートは不明。

7月24日までに報告された感染者数は4986人。

その後、患者数の把握をやめているが、ある時期1日に250人ペースで感染者が増えているという報道もあった。

亡くなった男性のように人工透析を受ける患者は国内で約26万人と言われていて、妊婦、糖尿病やぜんそく患者も重症化しやすく、重症者の半数以上はこうした疾患を持つ患者や妊婦だ。

季節性のインフルエンザでも毎年死亡する人が出ており、感染者の数から死者が出てもおかしくないという見方もある。

インフルエンザ感染者拡大に全数把握することをやめ、テレビなどでも報道されることがなくなったことで、国民全体にインフルエンザを甘く見てはいないか

以前はマスクが売り切れ続出し、手に入らなくなり、歩く人もマスクをしていたが、今ではほとんどマスク姿は見なくなった。

ニュースを聞かなくなると忘れてしまうのでは・・・・・・・

手洗いうがいやってますか?

どうもオイラに近い人たちはそういうことをしなくなってきたような気がする。

以前にも書いたのですが、最近はHIV(エイズ)のことを耳にすることがほとんど無くなった。

以前はストップザエイズというキャンペーンをやってりる時期もあったが、テレビでも雑誌でも見なくなった。

見たり聞いたりしないと、まるでもうそんな病気この世から消えてでもしまったようにエイズのことを忘れてしまう。

オイラは以前からHIV(エイズ)のことをただのキャンペーンではなく町中のあちこちに看板を作り、日本中の人に注意を呼び掛けるべきだと思っていた。

エイズは静かに蔓延し、先進国中、唯一の増加国になっているそうです。

なんとかこの現状を変えたいものです。

それには一人ひとりが自分のことを知り、パートナーに絶対に移さないことです。

エイズは以前のように感染イコール「死」ではなく、完全な治療法はないものの、薬の発達により糖尿病のように、一生コントロールすることで生きていける病気という認識を持ってもいい病気のようです。

それには早く感染しているかどうかを知ることです。

市町村によっては無料で匿名で検査を受けられるところもあるようですが、誰にも知られたくないもの。

家に居ながら誰にも知られずに郵送で検査を受けられるものも出ています。

血液中にできた抗体を調べるため、疑わしいと思われて検査をしてもすぐに出ない場合があり、一度だけで安心しないで、少し期間を空けてもう一度検査するほうが良いかもしれない。

TSD予防法(性により感染する病気)


症状から病気を調べる(男性編)


症状から病気を調べる(女性編)



ブログランキングに参加しております。
左または右上にある一括応援でお願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
残念な事ですね。人は物事を忘れる動物ですそれが時に良い方向にも悪い方向にも行きますね。何事も予防が大事です。ぽち
2009/08/16(日) 17:12 | URL | おーちぃぱぱ #-[ 編集]
私の身近なところで感染された方が出ました。
幸い大事には至っていないようです。
正直、すっかり忘れた話になっていましたが、
予防の大切さを改めて認識した次第です。
2009/08/16(日) 17:34 | URL | chao #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zam0503.blog72.fc2.com/tb.php/91-480440ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。