不況による収入減、派遣切り、自分や家族の生活を防衛する。病気や災害・犯罪やテロ・他国からの攻撃などから家族や財産を防衛する。プレゼント情報や節約など家計を助け、生活を防衛することなどいろいろ考えてみたい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日朝6時半ごろ地震速報が流れた。

まだ体が完全に起きていなくてぼーっとしていたが、テレビを見ていて、アナウンサーが緊張した声で呼び掛けていた。

間もなく大地震が起きる可能性がありますとか何とか言っていた。

後から知ったのだが、首都圏では一部電車が止まったらしい。

しばらくテレビの前でじっとしていた。

財布と鍵と携帯電話を手に持っていたが、服は着ていなかった。

結局何も起きなかった。

それで良かったのだが、せめて服をすぐに着ていたほうが良かったかと反省した。

この地震速報とやらが大地震が発生する前に発信できるとのことだが、まだ完ぺきなものじゃない。

この速報がたびたび誤報を繰り返したら、信じなくなってしまう?

だいたい地震発生前のどのくらい前に発信するのだろうか?

数秒じゃ何もできない。

聞いている間にすぐ1分ぐらいたってしまう。

オイラなんかチャンネル変えてほかの局ではどうか?なんて見ていた。

非常持ち出し袋なるものが用意してある家もあるのだろうけど、オイラんちは無い。

何を持って逃げたらいいのか普段から考えておく必要がある。

避難所まで逃げることができたら、少なくとも食料や水の配給はあるだろう。

持ち物はできるだけ少なく、動きやすい服装と靴が大事だ。

できたら部屋の中に靴を置いておくのもよいかもしれない。

窓ガラスが割れて足をけがするかもしれないし、足をけがしたら避難所までも行かれない。

気をつけなくてはいけないのは、家に残してきた貴重品などを家に戻った時に無くなっていることも考えられる。

そういう被害地域を狙って窃盗をする輩がいるので気をつけよう。

家が倒壊しては瓦礫の中に財産も埋まってしまうかもしれないが、家が無事だった場合、避難所から必要なものを取りに行ったときに貴重品がなくなっていては困る。

時間があれば戸締りをしたい。

普段から備えておきたいのは家具の転倒を防ぐこととガラスなど割れる物にきをつけることだろう。

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp



ブログランキングに参加しております。
左または右上にある一括応援でお願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zam0503.blog72.fc2.com/tb.php/94-4be40141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。